美髪 縮毛矯正 髪質改善 恵比寿 美容室 marvel backs straight studio SABFA 新作品完成❤️

はてなブックマーク
2023.05.06

99307059-48D3-4E06-AA38-5D188B1FFB89

現在発売中IZANAGI 4月号に掲載していただきました㊗️
編集長/宇都さんからはSNSへの写真アップの許可をいただきました。
ありがとうございます🫶

CREATIVE DIRECTOR, HAIR, MAKE UP, STYLIST :
me tsubostagram8pro

MAKE UP SUPPORT TEAM
SPECIAL THANKS:
MAKI ISOYAMA maki_i_01

TEACHER:
KOUICHI MONMA momma_kouichi
YUKA ISHIZUKA yucca0719

PHOTO:
SOHEI YANAOKA sohei_yanaoka
PHOTO SUPPORT:TOM CUDE tomcude

🎓美容雑誌『IZANAGI(イザナギ)』とは、有限会社髪の文化舎が発刊している、プロ向けの美容事業従事者向け美容専門誌です。「感性」と「知性」をテーマに、「文化」「デザイン」「時代」を深く掘り下げた新しいタイプの美容専門誌となっています。
当時の雑誌名は『髪化粧』でしたが、2011年の10月から『IZANAGI(イザナギ)』にリニューアル創刊されました。

まさかIZANAGI へ掲載出来るとは思わなかった。また先生と同期達が1番いいって推していた1枚じゃない方が選ばれたのも嬉しかった。
(一推しの他の未発表2カットあります。今後コンテストに応募します。なのでアップしたいけどできません🥲)

門馬先生のおかげでIZANAGI 掲載の目標が叶うことができました。ありがとうございました❤️逐一、連絡と何度も写真を送ってをくりかえし、それでも最後まで丁寧に答えてくれました。その甲斐あり当日は余計な緊張がなく迎えられました。
他の仕事もしながら全員にあの的確な対応をしていたと思うと、私にはできないし、門馬先生、SABFAの先生は凄いなと感心させられました。その先生の熱意もいい刺激になりやるぞ!ってより熱が入りました🔥めちゃくちゃ寝不足が続きましたが笑

そしてそして、この人
Specialthanks
相棒のマキさん、メイクサポートありがとう🌼💄メイクだけじゃなく撮影のひと月前から連絡をほぼ毎日とってお互いにイメージ共有できた。ペアが決まった秋ごろからちょこちょこ話したり、放課後買い出しにいったりここまで 意見取り合ったペアいないんじゃないかな。
わからないけど。
時間気にしないで夜中とか平気で送ってくるし笑。それがよかったよね。
慎重派でこだわり強いけど、マキさんとは話が進むのが早いしバンバン決定して次、次っていけた。’ペアってこんな感じでしょ’を体感できた。このいい経験は思わぬ収穫でした。
結果、コンビでよかったよね✌️お互い在学中に掲載までいけたし、同じ時にIZANAGIデビューできた。ありがとうね、これからもよろしく👏リードになってコレンション呼んでよ、びーびーどやされたくないから練習して腕あげとく🔥

自分でモデルさんを決め、事務所へ電話やメール依頼、ぎりぎりまで決まらなく焦りながらそれにも慣れ、ヘアメイクのデザインをし、衣装はSACAIをアレンジして制作、それに合う背景紙を準備。
ポーズ・ライティングと写真の中の全てをディレクション。
カレンダーみたらびっしりと、各セクション分けしてここからスタート。ここまでに終了。と記録してある。そうしないと自分が次何をしたらいいかわからなくなる。通常の仕事の予約も自分で受け付けてとって施術して、だからわからなくならないようにした。
鬼の5ヶ月間。

改めて去年アートアンドディレクションで経験していて
計良さん、藤岡さんさんから受けてよかったと思った。
あのとき全てが失敗と反省。その失敗と反省を今回はいかしたかった。
ルーツや紐解くロジック・イメージ✖️イメージ
サブファでの教えがなければ、IZANAGIに掲載が選ばれる修了作品は絶対につくれなかったです。
あの期間で悔しい思いをしたからまた同じ気持ちになりたくないし、成長しているのを実感したかった。日々くる形に残すしかないプレッシャー。
どれだけ時間を割いても近くで見てくれてる人以外には、頑張りや努力なんてわからないからとにかく形にしないとならなかった。
去年の4月のスタート時から修了制作どうする?って話してた。気が早いなんて言われたけど、早くなかった。
入学時から修了制作どうするかは考えていた方がいい。
あっという間に時間はくるから。
後半になったら課題も濃くなって、仕事しながらは頭がいっぱいになる。
うん、できるんだけど、荒削りになるから、それでいいの?って自問自答したくなる。
そうはしたくないから。

今回の作品が選ばれたのは、あの初日1発目の撮影で全員がいくぞー!🔥の雰囲気もよかったし、一体感があったから。決して1人ではできない。関わってくださった人達とできた作品。
数年後作品見合って、あの時はあーだこーだ思い出話言えたら面白いね😊
最後まで読んでくださりありがとうございました❤️

一覧 TOP

カレンダー

    2023年5月
    « 4月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031