髪の構造と毛髪内部でのカラーの染まる原理/東京一縮毛矯正が上手い美容師 美髪 縮毛矯正 髪質改善 恵比寿 美容室 marvel backs straight studio

はてなブックマーク
2024.06.02

髪の構造と毛髪内部でのカラーの染まる原理

こんにちは、皆さん。今日は「髪の構造と毛髪内部でのカラーの染まる原理」についてお話しします。髪を染める際に何が起こっているのかを理解することで、より効果的なカラーリングと髪のケアが可能になります。それでは、まず髪の基本的な構造から見ていきましょう。

髪の基本構造

髪は大きく分けて三つの層から成り立っています。

キューティクル(表皮)

髪の最外層に位置するキューティクルは、魚の鱗のように重なり合った細胞層で構成されています。この層は、髪を外部のダメージから保護し、光沢を与える役割を担っています。キューティクルが健康であることが、髪の見た目と手触りを良くする鍵です。

コルテックス(皮質)

キューティクルの下にあるコルテックスは、髪の主成分であるケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されています。この層には髪の色素や強度が含まれており、髪の弾力性やしなやかさを決定します。髪の色は主にこのコルテックスに含まれるメラニン色素によって決まります。

メデュラ(毛髄質)

髪の中心部に位置するメデュラは、

細い髪では存在しないこともありますが、太い髪には見られます。この層は髪の構造全体には大きな影響を与えませんが、髪の質感に関与しています。

カラーリングの原理

次に、カラーリングの際に髪にどのような変化が起こるかを見ていきましょう。髪を染める際には、一般的に二つの主要なプロセスが含まれます

脱色(ブリーチ)

ブリーチは、髪の天然色素を取り除くプロセスです。これは通常、過酸化水素などの強力な酸化剤を使用して行われます。酸化剤はキューティクルを開き、コルテックス内のメラニン色素を分解します。この結果、髪は明るくなります。ブリーチは髪に大きなダメージを与える可能性があるため、適切なケアが必要です

染色

脱色後に、染料を髪に浸透させて新しい色を付けます。染料は、キューティクルを再び開いてコルテックス内に入り込みます。ここで、染料分子がケラチンに結合し、髪に新しい色を付けます。染料の種類によって、半永久染料や永久染料など、色の持ちや発色に違いがあります

半永久染料

半永久染料は、髪の表面やキューティクル層に染料分子が付着するタイプの染料です。これらは数回の洗髪で徐々に色が

落ちるため、一時的なカラーリングに適しています。半永久染料は髪に優しいですが、持続力が短いのが特徴です。

永久染料

永久染料は、脱色と染色のプロセスを経てコルテックス内に深く浸透します。このタイプの染料は、髪の中に化学結合を形成するため、長持ちする色合いを提供します。永久染料は持続力が高く、鮮やかな発色が特徴ですが、髪へのダメージも大きいです。

カラーリング後のケア

髪を染めた後は、適切なケアが必要です。以下のポイントを参考にしてください。

保湿ケア

染色後の髪は乾燥しやすくなるため、保湿が重要です。シャンプーやコンディショナーは、カラーリング用の製品を使用すると良いでしょう。洗い流さないトリートメントやヘアマスクも効果的です。

紫外線対策

紫外線は染色した髪の色を褪せさせる原因となります。外出時には、帽子をかぶるか、髪専用のUVカットスプレーを使用することをおすすめします。

適度な洗髪

カラーリング後は、洗髪の頻度を減らすことで色持ちを良くすることができます。また、ぬるま湯を使い、優しく洗うようにしましょう。

まとめ

髪の構造とカラーリングの原理を理解することで、髪をより健康に、美しく保つことができます。髪を染める際は、髪のダメージを最小限に抑えるための適切なケアを心がけることが重要です。

一覧 TOP

カレンダー

    2024年7月
    « 6月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031