梅雨の季節にぴったり!湿気対策ヘアケアのポイント/東京一縮毛矯正が上手い美容師 美髪 縮毛矯正 髪質改善 恵比寿 美容室 marvel backs straight studio

はてなブックマーク
2024.05.21

梅雨の季節にぴったり!湿気対策ヘアケアのポイント

こんにちは、皆さん。梅雨の季節になると、湿気で髪が広がったり、うねったりしてお困りの方も多いのではないでしょうか。今日は、湿気が多い時期でも美しい髪を保つためのヘアケアのコツをご紹介します。

1. しっかり保湿する

湿気が多い時期には、髪の水分バランスが崩れやすくなります。しっかりと保湿することで、髪の広がりを抑えましょう。

-保湿効果の高いシャンプーとコンディショナー:ヒアルロン酸やシアバターなどの保湿成分が含まれている製品を選びましょう。
- ヘアマスクやトリートメント:週に1〜2回の集中ケアとして、保湿効果の高いヘアマスクやトリートメントを使うと効果的です。

2. アウトバストリートメントを活用する

洗い流さないタイプのトリートメントを使うことで、髪に長時間保湿を与え、広がりを抑えます。

- ヘアオイル:アルガンオイルやホホバオイルなどが含まれたヘアオイルを、タオルドライ後の髪に少量なじませると、しっとりまとまります。
- ヘアミルク:軽めの使用感が好みの方には、ヘアミルクがおすすめです。ベタつかず、髪全体に均一に塗布できます。

3. ドライヤーの使い方を工夫する

湿気対策には、正しいドライヤーの使い方が重要です。以下のポイントに注意してみましょう。

- 根元から乾かす:髪の根元から乾かし始めることで、髪全体が均一に乾きます。毛先だけを乾かすと、根元が湿っている状態で湿気を吸いやすくなります。
- 冷風で仕上げる:最後に冷風を当てることで、髪のキューティクルが引き締まり、湿気の影響を受けにくくなります。

4. ヘアスタイルを工夫する

湿気が多い日は、髪型を工夫することで広がりやうねりを抑えることができます。

- まとめ髪:シニヨンやポニーテールなど、髪をまとめるスタイルにすることで、湿気による広がりを防ぎます。
- 編み込み:三つ編みやフィッシュボーンなどの編み込みスタイルは、湿気の影響を受けにくく、可愛らしい印象になります。
5. 仕上げにヘアスプレーを使う

スタイリングの最後にヘアスプレーを使うことで、髪型を長時間キープすることができます。

- 抗湿効果のあるヘアスプレー:抗湿効果のあるヘアスプレーを選ぶと、湿気による髪の広がりやうねりを抑えられます。
- 軽く振りかける:スプレーを髪全体に軽く振りかけ、手ぐしで整えると、自然な仕上がりになります。

まとめ

いかがでしたか?梅雨の季節でも、正しいヘアケアを行うことで美しい髪を保つことができます。しっかりと保湿し、適切なスタイリングを取り入れて、湿気に負けない髪を手に入れましょう。皆さんもぜひ、これらのコツを参考にしてみてくださいね!

一覧 TOP

カレンダー

    2024年6月
    « 5月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930